• ホーム
  • 『お腹を細くしたい』

『お腹を細くしたい』

お腹周りの悩みは常に気にすることが多く、太っていなくても体型維持を心がけている方も多くいるのではないでしょうか。
年々履けないパンツやスカートに驚かされるばかり。なんてこともよくありますよね。普段お腹を出さないからと緩みがちなお腹周りも夏に焦ることのないようスタイルを保つようにしましょう。

■お腹周りを細くしたくて腹筋はだめ?!

お腹周りを細くしたいと思った時、腹筋をはじめる方も多いのではないでしょうか。
もちろん運動をした方がよいですが、お腹周りを細くしたい場合には有酸素運動が体内の代謝をあげてくれるのでおすすめです。
腹筋は、筋トレの一つでいわゆる無酸素運動になります。有酸素運動によって脂肪を落とすことですっと綺麗なお腹になります。まずは有酸素運動をはじめるようにしましょう。
有酸素運動にも様々ありますので、自分に合った方法を探してみるのが長続きできるコツです。

■食事制限も無理せずに

もちろん、食事制限も大切です。食事制限にもそれぞれありますが、はじめから厳しい食事制限をはじめるとリバウンドにもつながります。
持続することが大切ですから、まずは自分が1日のどのくらいのカロリーを摂取しているかを知ることです。1日の摂取カロリーをオーバーしていないか確認しましょう。
食べ順を見直すのも効果的です。意識して野菜から食べるようにするだけでも違います。まずは、自分の食生活を見直し、標準にすることで無理なく続けることができるでしょう。

■運動や食生活を見直しても効果がでない。

有酸素運動を取り入れ食生活を正しているのに全然痩せない。
運動や食生活をもっと見直すべきなのか。そういう場合もあるかもしれません。
その場合、骨盤の歪みや便秘といった身体の新陳代謝に原因があると考えられます。出産を経験し、骨盤が歪んだままになっているとダイエットをはじめてもなかなか痩せることができません。
骨盤の歪みをなおすことて急に効果があらわれてくることもあります。
また、便秘によりお腹周りが張ってしまっていることもありますので、乳酸菌を積極的に取り入れ便秘解消していきましょう。
入浴後、筋肉や脂肪が柔らかくなっているときに軽くもみほぐすようにマッサージしておくと脂肪と老廃物がほぐれるので痩せやすくなります。腸への刺激にもなりますので便秘解消の手助けになります。
毎日コツコツと気づいた時に行うだけでも、効果を感じることができるものです。実感できれば苦ではなくなり楽しい習慣に変わりますのでそれまでは少し意識して行うことです。

まとめ

お腹周りダイエットにも様々な方法があることがわかりましたよね。自分のお腹周りに合った方法を見つけることで、無理なくお腹周りダイエットをはじめることができるでしょう。
少しずつでも変化が現れることで、自分自身がもっと頑張ってみようとやる気にもつながります。
無理はリバウンドの引き金になりますので、少しずつ始めることが成功へのコツです。

PAGE TOP